読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼさとの定規

思ったこと、書いていきたいと思います。

【本の見せ方】書店員がやっている「棚づくり」とはいったい何なのか。→棚を整理して一冊一冊の本を見やすくしているのです。

書店には毎日膨大な量の本がお店に届きます。店員同士で手分けをして毎日それらを品出しをしています。棚担当の書店員の大きな仕事として、「棚をつくる」という業務があります。これはただ、棚に注文した商品を陳列していくのではなく、一冊一冊の本を棚に…

【売れる本の見つけ方】書店員の時に売れる本がわかるようになったきっかけを振り返ってみた。書店員にはシックスセンスがあるんだぜぃ。

未だに「書店員的感」が残っています。現場から離れてもう一年以上経ちますが、趣味の読書をするために本屋に行くと、表紙を見て、「あ、これ売れるな」っていうレーダーがいまだにピコンと立ちます。 // 私が最初に書店員になったのはアルバイトがきっかけ…

元書店員が自分が理想の本屋を作るとしたら、妄想してみた。

お題「自分の本屋を作るとしたら」 10~20坪くらいで一人でひっそりと新刊本屋やってみたいですね。最近はやっている独立系の本屋は東京、大阪、京都、福岡など都市部に集中しているイメージがあります。私の地元は北海道です。北海道は札幌でも新刊本屋の独…

【2017年本屋大賞】のノミネート作品が出そろっている時期ですね。元書店員として印象に残っている本屋大賞受賞作や思うことについてなどなど

www.kinokuniya.co.jp 毎年、ノミネート発表が1月中旬で4月に発表される流れの本屋大賞(本屋大賞 - Wikipedia)が注目される時期になってきました。 今年のノミネート作品は以下の通りです。 >i [ 西加奈子 ] >暗幕のゲルニカ [ 原田マハ ] >桜風堂ものがた…

大型書店店員、専門書担当社員の一日。地味で暇そうに見える書店員、意外に動き回っているんですよー

// ~書店員の一日 専門書担当の場合~ 8:15 出勤 事務所開錠、事務所PC、レジ、立ち上げ。8:45 朝便荷物あける おおよそダンボール10箱くらい9:30 アルバイト社員含めて朝礼10:00 開店10:05 自分担当ジャンルの品出し ブックトラック、台車2~4台分 ↑…

読書時間ゼロが問題って言ってるけど、本屋に行って本買うのは面倒なので、スマホでの情報収集は読書にならないんですか?

// 今の時代、読書時間が減少しているとただ、データを切り取っただけで言われ続けていますが、現代ではやることが増え、特にスマートフォンが普及してからより読書に割く時間が減っているかと思います。少し古い記事ですが、こんなことを見つけました。 www…