読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼさとの定規

元書店員ぼさとが社会のこと、書店のことなど、思ったことを書いていきたいと思います。

DINOSAUR LIVE「DINO SAFARI」(ダイナソーライブ「ダイナソーサファリ」)超リアルな恐竜ロボットが渋谷ヒカリエホールで暴れまくるらしいよ!

「DINOSAUR LIVE 「DINO SAFARI」」の画像検索結果

jp.ign.com

渋谷ヒカリエホールで4月26日から5月6日まで恐竜ショーが開催されているようです。

dinosafari.jp

VRを使ったイベントなのかと思っていたら、この恐竜ショーただの映像だけで終わるわけではなく、人が乗り込んでいる恐竜ロボットを使って演目を行うショーということで迫力が凄そうです。
以下の動画で紹介されている恐竜ロボットを使っているようです。

www.youtube.com

まず、素早い動きに釘付けになります。人にかぶりつくシーンも動画でみてもすごい迫力ですよね。
挙動がリアルすぎて、まるでジュラシックパークの世界です!

さらに驚いたのが、このロボットを制作したのが従業員わずか6名の会社であるON-ARTという会社が10年前に1体作ったことをきっかけに、この恐竜型のロボットを15体作成したようです。
この会社はいろんなイベント用の舞台造形品を作成しているみたいです。

テーマパークなどではこういった派手な舞台装置が主役となり、迫力あるショーを行っているところはありますが、一般的な舞台演劇やサーカスなどと同じように期間限定で派手な舞台装置が主役のショーは珍しいと思います。

最近はプロジェクションマッピングやVRなどを融合した映像がメインになるショーがはやりですが、このショーはその流行りの逆をいき、舞台の上でリアルで恐竜ロボットが動くことが最大の魅力ですね。
また、ショーの内容も恐竜同士が戦うという幼年時の男の子は発狂するくらいロマンがある設定です。

これと似たテクノロジーを使ったお子様向けのイベントで、少し前にはチームラボの未来の遊園地というイベントも流行りましたね。

island.team-lab.com

未来の遊園地では体験型で映像とリアルにあるものをリンクさせて楽しむアトラクションのイベントです。
今回のゴールデンウィーク期間中は愛媛県松山市の「アイテムえひめ」で5月7日まで開催されているようです。

2010年代に入ってから、今まででは考えられなかったテクノロジーを駆使したイベントが増えてある意味「鉄腕アトム」的な世界になりつつあることを実感できますね。
どんどんこういったイベントが増えることが楽しみです。

それでは今回もこれでお開きです。

スポンサーリンク
 

※関連記事

bosatonozyougi.hatenablog.com