ぼさとの定規

元書店員ぼさとが社会のこと、書店のことなど、思ったことを書いていきたいと思います。

なぜ、日本の教育では「将来自分がなりたい姿」をイメージさせるような教育がないのか。高校のときの進路説明会で「生涯年収が高いと幸せになる」って教えられたんだけど、これって社畜になって生きろって言っているようなものだよねって思った話。

 

日本ではまず、どこかに就職することが「社会人」としての第一歩ですと小中高の教育や倫理観として教えられてきています。
たとえ、大学や短大、専門学校に行っても卒業と同時に内定をもらっていなければこまるでしょ?みたいな圧力をかけたり、就職セミナーなどでも「就職した会社でのキャリア形成を今から描け」だとか、「一回選んだ会社には最低でも3年所属しなさい」だとか、「会社をすぐにやめて転職をするとキャリアに取り返しのつかない傷がつくから無茶なことはやめなさい」だとか、なんとも保守的な考えに基づいて、若者に教えています。

私がこういった思考に疑問に思い始めたのは高校の時に受けた進路選択について説明される集会でのことでした。
2年生の時だったと思います。体育館にわざわざ集められて、大学、短大、専門学校への進学のメリットと高卒で就職するメリットと進路が決まらず、フリーターなどで働くメリットについて説明がありました。

その説明の中でクローズアップされたのが、生涯収入についてでした。お金が一番もらえるのは大卒で卒業した場合だから、まずは大学へ進学しなさいと大学進学をお勧めしたあと、手に職をつけるには短大、専門学校でいいけど大卒よりもらえるお金は少ないよと、高卒で就職してもいいけど大卒と生涯年収にかなりの差(当時のデータで1億くらいだったと思います)が出るよとか説明がされました。

そして、契約社員派遣社員、フリーターで一生働くのはいいけど、生涯年収が一番低いからやめたほうがいいよとお決まりのようにそういった生き方はダメだという結論で終わりました。
その時はまだ高校生でなにもわかってはいないのでぼんやりと違和感がありました。なぜ、契約社員やフリーターはダメなのか?なぜ、生涯年収が低ければダメなのか?そんなもやもやがありました。

いま、思ってみると当時の教育(10年以上前)で生涯年収が多ければ多いほど、豊かであり、あたかも幸せな生活であるというような偏った表現であるように思えます。
確かに一つの指数として生涯年収を取り上げるのは別にいいと思います。
しかし、高校生の進路指導において一番大事なのは「教育が終わった後、自分がどのようにイキイキとした人生を送ることができるか」ということがコアとなるはずじゃないでしょうか?

18歳の時に「自分がなりたい姿」が見えている人は日本では少数のような気がします。なぜ、「自分がなりたい姿」をイメージすることができないかというと、上記のダメな進路説明会ようにただ、大学に進学して、働いてお金もらって、結婚して、定年を迎え、老後を楽しめばいいやくらいにしか高校生にイメージを与えることができないからではないでしょうか。
そんな、安泰な時代はとっくの昔に終わっているのに、高度経済成長期で時が止まったままの思考で「生涯年収が多ければ幸せです」みたいなことしか教えてないから自分のなりたい姿をイメージすることができないのではないのでしょうか?

例えば、フリーターで25歳くらいまで働いていて、そのまま内部登用でアルバイトから正社員になるような人生もありますし、もっとぶっ飛んで考えてみると、ニートや引きこもりがIT関係の会社を立ち上げて就職したことがない状態で社長になったとか、そういった事例たくさんありますよね?
キャリアにとらわれなくても、年収100万くらいでひっそりと暮らすのもいいこと(例:20代で隠居 週休5日の快適生活 年収90万円で東京ハッピーライフ)だとか若いうちに世界一周をして、自分探しをしてみようとか現代ではそういったゆるい要素も必要だとだと私は思います。

でもそれは「例外だから」とか「社会人らしくない」いう理由でおそらくそういったキャリアの説明会には出てきません。
日本では社畜になって社会人として生きることが正しいことなのでしかたないのかもしれませんね。
いま、高校生、大学生くらいの方は後悔しないうちにいろいろ考えたほうがいいかもですね。

それでは今回もこれでお開きです。

※関連記事

bosatonozyougi.hatenablog.com

bosatonozyougi.hatenablog.com

 

駅前から消える思い出のデパート。なぜデパート、百貨店、総合スーパーは今になってまた大量閉鎖されているのか。昔のデパートは特別感があって楽しい場所だったのになぁ。

trendy.nikkeibp.co.jp

 

デパートや総合百貨店(GMS)が低迷を続けています。今回の三越伊勢丹の社長退任が報道され、デパートの立て直しが難しいことがうかがえます。

 調べてみると一億総中流と言われた時代はやはり百貨店事業ももっとも繁盛していたようです。特にバブル期に今まで大都市の駅前に立てていたものを拡大するために地方にも進出をした会社がバブルがはじけた後に再整理を迫られている傾向が強いようです。

そして、現在になるまでにデフレを乗り切るために既存店を改装し、今までの高級路線から、カジュアル化したり、客層拡大のために若者向けテナントを固めるように改装したりと多岐にわたり、時代に合うように改装や新業態の店舗をオープンしていました。
また、体力のない会社は2000年代に入ると不振店舗の閉鎖を積極的に進めていきました。

しかし、そのような新規業態の店舗も会社全体を救うような増収に結び付く例が少なく、今また苦境に立たされています。さらに現在もデパートとして生き残っている店舗は上記再編期にも閉鎖対象にされず、何とか生き残っている店舗でした。しかし、その生き残った店舗も今、閉鎖のメスがはいっています。

www.sbbit.jp

 

問題としてデパート店舗のほとんどが高度経済成長期に建てられた館なので築40年以上たち始め、維持が難しくなっているというのが大きいかと思います。
大都市圏の店舗も随時更新していかなければならない時期に差し掛かっているのと、時代のニーズに合っていない店舗をリニュアルし、魅力的な店舗にするために、不振で老朽化した地方都市店舗を閉鎖して、土地の売却益などで店舗の更新費用にするのではないかと思います。

 

また、デパートと合わせて総合スーパー(GMS総合スーパー - Wikipedia)も近年不振が報道されています。
イトーヨーカドーの大量閉店などがまさに象徴的です。

www.sankeibiz.jp

 

元々総合スーパーがもう現代に合わない業態になっていると思います。薄く広く、なんでもあるというのが総合スーパーの特徴で、デパートより気軽に商品を買うことができるというのが大きな売りでしたが、2000年以降、大規模小売店舗法の廃止により、郊外にショッピングモールが乱立し始めると、デパートとショッピングモールの間という中途半端な立ち位置になってしまいました。

さらに、総合スーパーの立地もショッピングモールと同じ郊外なのがさらに中途半端さを引き立たせてしまいました。
総合スーパーもショッピングモールに転換している店舗はたくさんありますが、それでも総合スーパーの多くが大規模小売店舗法当時の制約された大きさの館しかないので、改装しても小型のショッピングモールとなり、テナント数が少なくなってしまい魅力に欠けるケースが出てしまいました。

これは私の推測ですが、ショッピングモールに改装し営業するより閉鎖して土地を売却したほうがいいという判断になってしまったのでしょう。

そして、2000年代全盛だったショッピングモールも今、ネット通販に食われ始め、雲行きが怪しくなってきました。

 

今まで大型化してたくさんのテナントを入れることで魅力を演出したり、「なんでもある」ということがステータスであった時代の象徴としてデパートやショッピングモールが繁盛してきましたが、これからは良品を簡単に見れる店舗がはやりそうですよね。
ネットに勝つには「このお店にきてよかった」という付加価値をつけなければならず、それを演出するには今まで以上に商品の目利きが必要かもしれません。

今回もこれでお開きです。

※関連記事

bosatonozyougi.hatenablog.com

bosatonozyougi.hatenablog.com

bosatonozyougi.hatenablog.com