読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼさとの定規

元書店員ぼさとが社会のこと、書店のことなど、思ったことを書いていきたいと思います。

【ココナラハンドメイド】事前登録受付中みたいです。これからハンドメイド作家デビューするなら目立ちそうだからここがいいかも?他のハンドメイド販売サイトと比較して考えてみた。

最近、ハンドメイド作品をネット上で売ることが定着してきましたが、ここにきてまた新サービスがスタートするようです。(【ココナラハンドメイド】

元々、ココナラというスキル販売マーケットサイトがハンドメイドに特化したサイトを作るようです。
2017年春頃オープン予定となっており、それに合わせて事前に出品登録を受け付けを開始しているようです。
こういった販売代行サービスの魅力として金銭のやり取りを代行してくれるところと個人では集客できないお客さんを一つのサイトで取り込み、それが出品している作家にダイレクトで恩恵を受けることができるのがメリットとしてあります。

しかし、このようなハンドメイド販売サイトは強力なサイトがたくさんあり、いかに新規の作家を獲得するかが成功のカギだと思われます。
そのため、ココナラハンドメイドではオープンでのキャンペーン施策として出品料、販売手数料0円とオープンした際に自分の作品が大きく掲載されるということを掲げているようです。

しばらくの間販売手数料0円は大きいですね。
他の主なサイトでは以下のような手数料が発生するようです。

    • minne 
      月額基本料金0円 販売手数料10%
    • Creema
      月額基本料0円 販売手数料8~12%(変動制)
    • BASE
      月額基本料0円 販売手数料0円(決済手数料、振込手数料あり)

このようにハンドメイド専門でやっている2社は販売手数料が10パーセント程度引かれるようになっていますし、BASEも諸手数料がかかる仕組みになっているようです。現段階ではわかりませんが、ココナラハンドメイドでも後々販売手数料が発生し始めた場合も10%前後になるのではないかと予想されます。

正直、私自身の勝手なイメージでは、お小遣い稼ぎのイメージが強かったのですが上手くそういったサービスを活用されている方だと月10万円以上売り上げを上げている作家さんもいるみたいです。

www.kinokonoko-h.com

新たなネットビジネスとして成立し始めているハンドメイド作家を目指すのもいいかもしれないですね。

今回もこれでお開きです。

※関連記事

bosatonozyougi.hatenablog.com

bosatonozyougi.hatenablog.com