読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼさとの定規

元書店員ぼさとが社会のこと、書店のことなど、思ったことを書いていきたいと思います。

なぜポテトチップスが販売休止なのかと疑問視されている方へ。昨年の北海道の台風被害は甚大だったからです。甚大な被害だったにも関わらず、全国ネットの放送ではほとんど触れられていませんでした。

www3.nhk.or.jp

ポテトチップスで使うジャガイモが不作で販売休止が相次いでいますが、その根本となった昨年の北海道の台風被害が原因であることがあまり知られていないのではないのでしょうか?

2016年8月に短期間のうちに4つの台風が北海道に接近、上陸するという、観測史上初めての災害が発生しました。台風の上陸状況については以下のブログ記事(どさんこカメラさん)にわかりやすい記事がありましたので紹介させていただきます。

dosanko-camera.hatenablog.com

特に被害が一番大きかったのは8月30日ごろに接近した台風10号の大雨被害です。

2週間にわたり3つの台風が通過した後で地盤がかなり緩んでいたこと、そして河川が氾濫寸前になっていました。そして、とどめを差すように大雨、強風が吹き荒れました。特に被害が甚大だったのは十勝地方(十勝川を中心に広がる帯広周辺)です。
北海道内でも十勝地方は農業が盛んな場所です。その十勝地方を中心に台風10号の大雨が降り、下記転記写真のように川の氾濫により、畑が流されたり、収穫前のタイミングで浸水してしまったため、農業被害が甚大でした。

f:id:bosato:20170415132947p:plain

南富良野町幾寅地区は街が冠水してしまいました。

f:id:bosato:20170415132515p:plain

また、インフラにも甚大な被害が出ており、川の氾濫により道央(札幌方面)から十勝へ抜ける国道が寸断されたり、鉄道も鉄橋が流され、長期間の運休が発生しました。

http://tokachi-harerumade.jp/manage/common/outfile.php?id=291

f:id:bosato:20170415133413p:plain

JRの鉄橋も流されたことにより、12月までの3か月間運休を余儀なくされました。
日勝峠という険しい山道を含む国道274号線は被害が甚大で復旧には今年の秋ごろを予定しているそうです。

その時の交通の寸断の様子がまとめられているブログ(勤務医開業つれづれ日記・3さん)がありましたので合わせてご紹介させていただきます。

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

しかし、この当時とても不思議だったのが何故か報道規制が引かれているかのように全国ネットでのテレビニュースにはほとんどなりませんでした。
お昼のニュースでさらっとやる程度で、道内との温度差があまりにもあり驚きました。道内では元々地元局の影響力が強いため、どのチャンネルでも特別報道番組を流しており、道民だけその被害の甚大さが伝わっていましたが、北海道も日本の一部であるはずなのに、その日のトップニュースにも取り上げられなく、全国的にはこんなことあったのくらいの感覚なのかと思います。

それで今回のポテトチップス生産中止でまたこのニュースの注目度が本来上がるはずですが、なぜか肝心な台風被害については何も取り上げられておらず、どれだけ農業被害があったのか、北海道自体にどれだけダメージがあったのかが焦点にあてられていません。

普通ではないこと起きたのにも関わらず、ネットでも「北海道は台風に弱いから」とか心無い声をみて思わず、「本州でも4度も台風の大雨食らったらそれだけなるでしょ」と言いたいところでしたが、理解が得られないくらい報道がされていないから当たり前かと妙に割り切ってしまいました。

これを機会に少しでも北海道の台風被害について見ていただけたら幸いです。

それでは今回もこれでお開きです。

 

※関連記事

 

bosatonozyougi.hatenablog.com

bosatonozyougi.hatenablog.com

 

360°円状の滑走路「Endless Runway(エンドレスランウェイ)」がすごい!空港が直径3kmの円の中に収まるから、土地がない日本こそ合うのではないかと考えてみた。

gigazine.net

このニュースをみて、単純にすごいことだなって感心してしまいました。
この360°の円を描いた滑走路「Endless Runway」というプロジェクトがオランダ航空宇宙センターで進んでいるようです。(公式ページ:the Endless Runway

f:id:bosato:20170415100014p:plain

 

写真のようにターミナルを中心に直径3kmの円を描いて作られる滑走路によって、自然条件や現状の滑走路が一本の線であるゆえに制約されている飛行機の発着枠を滑走路のデザインを変えることで増加させようという試みのようです。この円卓型の滑走路にはメリットがたくさんあるようです。

  • 風向きによって自由に着地地点、離陸地点を変更することでき、風の影響を最小限に抑えることができる。
  • 従来の滑走路3本分の長さで4本分の離発着を裁くことができる。
  • 従来の滑走路だと離陸後に目的地に向かうために旋回を行う必要があるが、円状にすることによって旋回を最小限で済ませることができる。
  • 着陸の際、滑走路が混みあっていると滑走路が確保されるまで上空で待機することになり、その分燃料を消費しますが、円状に滑走路がなっていると間隔さえあいていればすぐに着陸態勢に入ることができるので、燃料の消費を抑えることができる。
  • 円形の設計なので、従来の空港より設計がコンパクトになるので、騒音の範囲を従来滑走路より抑えることができる。

ほかにもメリットがあるかもしれませんが、私が拾えた情報はこのあたりでした。(参考動画:Circular runway airports: Dutch researchers propose circular runways for future airports - TomoNews - YouTube

昔から円状型滑走路の構想は1960年代にアメリカ軍が計画したことがあったようですが、結局実用化にはいたりませんでした。
この滑走路のメリットは直径3kmの円を描けさえすれば大容量の発着枠を可能にすることができるという点です。

日本のように国土の大半が山と海になっており、大きな空港を作る場所は自然に限られてしまいます。羽田空港の一部滑走路や関西空港中部国際空港のように海上に敷設したり、成田空港のように土地買い上げ問題などが発生したりと大型空港を敷設するには厳しい条件が多いかと思います。

大型機の着陸するには最低でも2500mの滑走路の長さが必要だといわれています。羽田空港では2500mの滑走路が2本3000m以上の滑走路が2本合わせて4本の滑走路があるにも関わらず、発着枠はいっぱいいっぱいになっています。
結局、4本の滑走路があっても風向きなどによって4本完全に使えるということではないので、複数の航空機の離陸時間が重なる時間帯ではよく滑走路の空き待ちなどによって、待たされることがあります。

そういった混雑する空港には滑走路を増設すればいいじゃんと安直に考えてしまいがちですが、従来の直線の滑走路を増設しようにも約3kmの直線をどのように引くのかが常に問題として付きまといます。

それなら、東京湾のどこか(アクセスはイマイチですが千葉の京葉工業地域あたり?)にこのエンドレスランウェイを敷設した空港を作れば東京の発着枠は一気に4本分拡大することができいいのではないかなって思いました。

滑走路一本しかない福岡空港の代替空港として作っても経済波及効果がありそうですよね。新千歳も2本滑走路がありますが、2本の間の距離が離れておらず、同時離発着ができない構造なので現空港の奥のほうの森を切り開いてこの滑走路を新設したほうが冬季でもうまくいくかもしれませんね。(降雪時は円の滑走路のエリアを三つに分けて、除雪で1エリアを使い、残り2エリアを滑走路として使うようにして、ぐるぐる除雪車が常に回っていればスムーズになるのではないかって思います)

実用化にはあと30年くらいかかるみたいですが、とても楽しみですね。

それでは今回もこれでお開きです。

※おまけ
マイクロソフトフライトシミュレーターというゲームを使って離着陸を再現している動画見つけました。

www.youtube.com

 

※関連記事

bosatonozyougi.hatenablog.com