ぼさとの定規

元書店員ぼさとが社会のこと、書店のことなど、思ったことを書いていきたいと思います。

六角精児の父親のTwitterがセンスありすぎる!~「やまじゆういちろうの遺言」~

スポンサーリンク
 

2017年8月11日に放送されたTBS系テレビ番組A-Studio(エースタジオ)に六角精児さんがゲストとして登場し、そこで90歳になるお父さんがTwitterをしていることを話題に出しました。

それがこのアカウントになります。

twitter.com

アカウント名からインパクトがあります(笑)

2017年8月12日現在のツイート数3771と精力的にツイートされているよです。ツイートの一つがA-studioで紹介され、その文章がとてもいぶし銀で素晴らしいものでした。

六角精児さんもA-Studioで「なかなかこの文章がいいんですよ」と語っています。

番組で紹介前、フォロワー数は264だったようですが、紹介後フォロワー数が急増し、8月12日現在3687になっています。

また、内容を拝見させていただいたところとても詩的で哲学的な文章となっていますが、独特のユーモアもありとても知的でした。

六角精児さんの独特なユーモアセンスの源流を見ているかのように感じますね。

今回の反響についても以下のようにツイートされています。

プロフィールの写真が相棒展で撮った写真を上げているところからも息子愛を感じます。

素晴らしかったので紹介でした。

それでは今回もこれでお開きです。

スポンサーリンク
 

【危険な自由研究 ~爆発編~】これはすごい。The Qの爆発実験をまとめてみた。

スポンサーリンク
 

夏休みもいよいよ半分以上過ぎてしまっているころまで来ました。
そろそろ、自由研究を本腰入れてやらなければならない時期ですね。

The Qという謎の実験集団のyoutubeチャンネルで公開されている危険すぎる研究の数々。
奇抜でファッショナブルな数々の実験動画は一番多いもので1千万再生以上されている人気youtubeチャンネルになっています。
以前からこのブログでは少しでも日本にThe Qを広めたいと記事を書いてきました。

今回は危険な爆発実験をまとめてみました。
マネをする際は自己責任でお願いします。よい子はマネしないでね!
The Qについては下記記事で簡単にまとめていますので何者?という方はそちらもご覧ください。

bosatonozyougi.hatenablog.com

1.コーラ缶カノン砲(How to Make Powerful Cannon from Coca Cola)

www.youtube.com

コカ・コーラ缶の側面を何重にも巻き付けボディを作り、コーラのデザインがなんともキュートな印象を受けますが威力は絶大。
少量の火薬で500mlコーラ缶吹き飛ばす能力を有しています。
構造もカノン砲のように導線から火薬が引火することにより、玉が発射される本物志向です。

 

2.アルミ3門カノン砲(How to Make Cannon with 3 Barrels from Foil

www.youtube.com

構造としてはコーラカノン砲と同じです。アルミを薄く巻いているボディはコーラカノン砲よりシャープなデザインとなりました。発射方法は末端をガスバーナーで熱し発射させるワイルドな掃射方法になっています。
コーラ缶貫通はもちろん、卵すら粉砕する能力を有します。

 

3.エアライフル作ってみた(How to Make Powerful Air Rifle at Home Using Coca Cola Bottle)

www.youtube.com

コカ・コーラでライフルすらすることができます。1.5リットルペットボトルを空気溜めにしてエアポンプで圧縮空気を作ります。
圧縮された空気により、ライバルを噴射させるほどの殺傷する能力を有することができるのです。

4.コーラに炭化カルシウム入れてみた(What Happens if You Put Calcium Carbide into Coca Cola)

www.youtube.com

メントスをコーラに入れると化学反応で爆発することは現代ではよく知られるようになりました。
しかし、炭化カルシウムでも化学反応によりコーラが爆発することはまだあまり世に知れ渡っていないのではないのでしょうか。
1.5リットルペットボトルが少量の炭化カルシウムとコーラにより、簡単に爆発するアメージング。
実験後のごみはきれいに持ち帰りましょう。

5.ドラム缶でパワフルなロケットを作る方法(How to Make POWERFUL Rocket out of 200 L | 55 Gallon Barrel)

www.youtube.com

これは非常に危険です。ホントによい子はマネしないでね!
炭化カルシウムと水の反応により、アセチレン及び水酸化カルシウムが生成される?(CaC2 + 2 H2O → C2H2 + Ca(OH)2)のが原理のようです。アセチレンが可燃性ガスなので火花でもすぐ引火して、莫大なエネルギーを作ることができるそうです。細かいところは説明読んでもよくわかりませんでした(笑)
200リットルのドラム缶(55ガロンバレル)が空高く飛んでいる映像、結構衝撃的です。

これを参考に自由研究してみるのはいかがでしょうか?(自己責任でお願いします)

それでは今回もこれでお開きです。

スポンサーリンク
 

※関連記事

bosatonozyougi.hatenablog.com

「How to Make POWERFUL Rocket out of 200 L | 55 Gallon Barrel」の画像検索結果