ぼさとの定規

元書店員ぼさとが社会のこと、書店のことなど、思ったことを書いていきたいと思います。

書店員だった頃、鼻血に染まった絵本を出されたことがある話。

スポンサーリンク
 

 

出オチですが、このレアケースを経験したことがある書店員は少ないのではないかと思い書いてみました。

小型店舗で勤めていたときのことです。いつものように店内で作業(たしか品出しだった気がします)をしていた時、「すみませーん」と児童書コーナーのほうから女性のお客様から声をかけられました。

ふと児童書コーナーをみると少年(5歳くらい?)が平台の前でかがんでおり、声をかけたお客様はその子のお母さんでした。

「すみません、子どもが絵本読んでいるときに鼻血だしてしまって・・・」

少年の手元をみると当時人気商品だった「こびと図鑑」が開いた状態で見事に赤くなっていました。
開いていた両方のページ8割程度が真っ赤になっていました。
少年は片方の鼻の穴にティッシュを詰めていました。

お母さんのお客様は焦って「これ、弁償するので」と申し出いただきましたが、本は返品することができるので大丈夫ですと答え、とりあえず血だらけになった本を預かり、その場はそれで終わりました。

本来、本にひどい汚破損が発生した場合は出版社にFAXで連絡し、返品の許可をもらいますが、今回は初めてのケースだったので電話で出版社に返品許可をうかがったところ、「鼻血で汚損して」と伝えると担当者も笑いながら返品を承諾していただきました。

きっとその本は出版社で裁断処理されたことでしょう。

ちなみに、私が書店員として働いていたころ、子どもの生理現象で対応したのは鼻血が1回、嘔吐が2回、そしておもらしが1回でした。

やはり、書店は自然と子どももある程度集まるお店でもあるのでそういった経験はつきものかと思います。

あと、レアなケースで返品したのがお店で雨漏りしてしまい、雨水に濡れた商品を返品したことも数回ありました。
もっとレアなのが、粉末式の消火器をイタズラされて商品が粉まみれになったのもありました。

そのときはお店にいなかったのですが、防犯カメラで消火器が噴射されて空中に粉が舞って真っ白になっているのは忘れられません、、、

書店では日々いろんなことがあります。

それでは今回もこれでお開きです。

スポンサーリンク
 

※関連記事

bosatonozyougi.hatenablog.com

bosatonozyougi.hatenablog.com

【携帯3社行政指導へ】「8日以内なら違約金なしで解約することができる」らしいけど、裏ルールで残していたほうがいいのではと思った。

スポンサーリンク
 

 

www.sankei.com


携帯電話契約の際に、私自身は説明不足と感じたことは正直ありません。しかし、世間では携帯電話契約の際にわかりずらいと感じる人は多いようです。
ぱっとニュースの見出しを見たとき、なぜ行政指導が入ってしまうのだろうと思っていたら、大手三社が有利になるように契約書に書かれている内容を説明していなかったということです。

実際、どのようなことかというと、今回の場合は「8日以内なら違約金なしで解約することができる」ことや「2年縛りの拘束期間契約」であることの説明が不十分だったことが大きな問題だったようです。

覆面調査で店員の説明がガイドライン通りに説明されているかをチェックした際に判明したということで、確かに契約書に小さく書かれている重要な内容を説明していないのは行政指導になってしまっても仕方ないよなって感想です。

詳細については下記記事でも紹介されていました。

rocketnews24.com

最大の問題は「8日以内なら違約金なしで解約することが可能」ということが8割のショップで説明されていないことから、世間での認知度の低さにあると思います。

しかし、説明しないことに関しては大手三社も悪質ととらえようと思えば悪質に思えますが、契約書に目を通していないのにも問題あるように思えます。これが詐欺のように契約書に記載されていないことをされた場合や記載されているものの、それを逆手にとって不利益を被る場合は詐欺になりますが、別業界でも契約書の詳細について説明しているのはざっとした感じであるため、大切なところだけの簡略化した説明になっているかと思います。

今回は市場の原理から言って、正直「言わなくてもいいことを伝えなかった」にすぎないのではないのでしょうか。

逆に「8日以内なら違約金なしで解約することが可能」これを説明してしまうと、クレームの温床になる可能性もあります。ただでさえ、通信機器業界は説明してもユーザーが理解できずにクレームに発展するリスクが高い業界だと思います。

例えば、電波は良好で店側の説明に不備がなかったのにも関わらず、重箱の隅を楊枝でほじくるようにあれこれが悪かったばかり言ってくる、言いがかりに近いクレーマーが発生する可能性だって十分あります。

それを防ぐために大手三社はあえて説明せず、本当に困った人の救済処置としてこの規定を裏ルール的にしているのかもしれないと私は思いました。

こうした契約の場合、顧客側が面倒くさがって説明を流したくせに「聞いてない」と怒り狂う場合があるかと思います。

私はこれは裏ルールのままでもよかったのではないかと思ってしまいました。

それでは今回もこれでお開きです。

スポンサーリンク
 

※関連記事

bosatonozyougi.hatenablog.com

bosatonozyougi.hatenablog.com